PCMコーデック(音声コーデック)

ITU-T G.711規格に準拠したFPGA用のリニアPCMコーデックIPです。
一般的なA/D,D/Aを使用することにより、市販のPCMコーデックLSIに比べ、ディスコンのリスクを軽減することができます。

特長

  • ITU-T G.711準拠
  • リニアPCM ⇔ μ-law/A-law PCM変換
  • 小規模FPGAに搭載可能

ブロック図

PCMコーデックブロック図

インタフェース

信号名I/O機能
LAWILAW 選択信号(0:μ-law 1:A-law)
SR[13:0]I14bitPCM リニアデータ入力
SP[7:0]Oμ-law / A-law PCM データ出力
S[7:0]Iμ-law / A-law PCM データ入力
SL[13:0]O14bitPCM リニアデータ出力

適用例:PCMコーデックLSIのディスコン対応

ディスコンのPCMコーデックLSIをA/D,D/A変換回路とFPGAで置き換えます。

PCMコーデックブロック図

規模(参考)

FPGAデバイスALTERA製 CycloneIII(EP3C10)
使用LE数約500LEs
メモリ使用量0
※ その他デバイスの対応に関してはお問い合わせください。

ご提供方法

  • ご要望により本IPコアのカスタマイズおよび機能を追加してのご提供も可能です。
  • 外部制御回路等の周辺回路のカスタム設計も承りますので、ご相談ください。
  • Verilog-HDL言語で設計しています。(VHDL 言語での対応についてはご相談ください。)
  • マクロ(ネットリスト)によるご提供やROM 形式でのご提供も可能です。

カタログダウンロード

このページのPDF版をご用意しました。ダウンロード、印刷等にご利用ください。

PCMコーデック

ダウンロードサイトへ カタログをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品